ホーム 南河内診療所 介護老人保健施設 通所リハビリ 介護支援室 医師の紹介 職員募集ご案内
介護支援室トップ
居宅介護サービス
施設介護サービス
要介護認定手続き
介護支援専門員
介護サービス計画
通所リハビリ利用に
ついてはこちらから
入所利用については
こちらから

 

介護支援相談員(ケアマネージャー)

 「介護サービスを利用しよう!」と思っても、自分に適したサービスはどのようなものなのか、そのサービスを提供する事業者がどこにあるのか、一般の方にはなかなか分からないものです。また、介護サービスの給付は介護サービス計画書により行われますが、一般の方が計画書を作成することは困難なことです。そこで、適切なサービスをアドバイスしたり、介護サービス計画(ケアプラン)を作成するのが介護支援専門員(ケアマネジャー)です。

 介護支援専門員は、5年以上の法定資格実務経験があり、「介護支援専門員実務研修受講試験」に合格し、実務研修受講後、都道府県により任用された資格者で、介護全般に関する相談援助・関係機関との連絡調整・介護保険の給付管理等を行います。介護支援専門員は、世間的には「ケアマネジャー」や「ケアマネ」と通称で呼ばれています。

 介護支援専門員は居宅介護支援事業者に所属していますので、都道府県に指定された指定居宅介護支援事業者を選び、利用される方ご自身が直接事業者と契約することになっています。