ホーム 南河内診療所 介護老人保健施設 通所リハビリ 介護支援室 医師の紹介 職員募集ご案内
介護支援室トップ
居宅介護サービス
施設介護サービス
要介護認定手続き
介護支援専門員
介護サービス計画
通所リハビリ利用に
ついてはこちらから
入所利用については
こちらから

 

介護サービス計画(ケアプラン)

 介護サービス計画(ケアプラン)とは、介護を必要とする方が適切なサービスを利用できるように心身の状態や家庭の状況などを考えて、サービスの種類・内容・担当者を定めた計画のことです。
 医療保険(健康保険)では、日本中どこの病院にでも、「いつでも自由に受診する」ことができ、医師の指示による検査や治療の費用は、その7割が健康保険から給付されることになっています。
 一方、介護保険では、「いつでも自由に介護サービスを受ける」ことはできず、ケアマネジャーが作成した介護サービス計画をもとに提供された介護サービスに対して保険給付が行われ、計画されていない介護サービスには介護保険が給付されず、全額を自己負担しなければなりません。

 介護サービス計画を自分で作成(セルフ・ケアプラン)し、市町村に提出することも認められていますが、通常は居宅介護支援事業者に依頼し、作成してもらいます。介護サービス計画の作成費用は無料で、利用者負担はありません。

 ケアマネジャーは、介護サービス計画の作成にあたり、利用者の心身の状態や家族の状況、住居等の生活環境に十分配慮し、サービスの組合せを利用者や家族と相談しながら考えることになっています。
利用したいサービス事業者があれば、ケアマネジャーに希望を伝え、自分が納得できる介護サービス計画になるよう、ケアマネジャーと十分に話し合いましょう。

 介護サービス計画は、最終的に利用者の承諾を得て決定されることになっており、計画(ケアプラン)が自分の考えや希望にそぐわない場合には、ケアマネジャーに計画の見直しや変更を求めることができます。また、ケアマネジャーや介護支援事業所との契約を解除し、委託先を変更することもできることになっています。
 けれども、ケアマネジャーとの信頼関係はとても大事なもので、お互いの努力で築き上げていくものですから、軽率な判断を戒め、親身に自分の介護を考えてくれるケアマネジャーのアドバイスや説明には、十分耳を傾けるようにしましょう。