ホーム 南河内診療所 介護老人保健施設 通所リハビリ 介護支援室 医師の紹介 職員募集ご案内
お達者倶楽部トップ
施設概要、職員配置
提供サービス
医療サービス
退所支援サービス
リハビリテーション
利用手続きのご案内
入所サービス利用料

 

リハビリテーション

 慢性期におけるリハビリテーションを行い、残された心身機能や自立能力を維持し、可能な限り向上・回復をめざします。
 ご利用者やご家族の希望を踏まえ、担当療法士がご利用者の心身機能や日常生活の現状を評価し、予後見通しを行い、下記のようなリハビリ・プログラムを提供します。

  • 物理療法(マイクロ波・温熱療法、マッサージ等)
  • 運動療法(関節可動域訓練、姿勢保持、起立・歩行訓練など)
  • 3B体操(音楽に合わせ、集団で行う伸展・持久・筋力健康体操)
  • 日常生活動作訓練(食事・排泄・入浴・着替えなど)
  • 作業活動(手工芸・園芸、ゲーム、屋内外のリクレーション等)
  • 言語療法(発音・言語訓練、書字・読字訓練など、言葉のリハビリ)
  • 摂食嚥下訓練(咀嚼・嚥下機能訓練、食事のリハビリ)
  • 学習療法(音読と計算を中心とする教材を用いて、認知機能等の維持・改善をはかるリハビリ)
  • 音楽療法(音楽・唄の生理・心理・社会的効用を利用する心身治療)
  • アニマル・セラピー(イヌなどの愛玩動物による情緒療法)

理学療法

 

 理学療法とは、体に障害のあるご利用者や閉じこもりなどや病気療養のための安静期間の間に運動機能の低下してしまったご利用者に対して、日常生活の基本となる基本的動作能力(起き上がる・座る・立つ・歩くなど)の維持・回復を目的に、筋力訓練や関節可動域訓練、治療体操などの運動療法や温熱・電気・水・光線を用いた物理療法による痛みの緩和等、及び日常生活動作訓練などを行い、身体機能のバランスを取り戻す療法です。
 近年では、生活習慣病の予防、コントロール、障害予防も理学療法の対象になっています。

作業療法

 

 日常活動の諸動作、仕事・遊びなど人間の生活全般に関わる諸活動を作業療法の「作業活動」と呼び、治療や援助もしくは指導の手段としています。
 作業活動を通じて、実際の生活に必要な筋力、関節の動き、心肺機能などの低下を予防するとともに、体力の維持、増進を図り、また食事、更衣、排泄、入浴など、実際の生活に必要な動作について、その人にあった適切なやり方・介護の方法を訓練・指導するとともに、規則正しい生活リズムの獲得をします。
 また、心身の機能の低下や、生きる目的の喪失等により生じる不安を和らげ、心理的安定を促すとともに、生活に対する意欲等の精神活動の活性化を図り、個々の生活環境や経験を生かした趣味的活動や自己表現の機会を持つことにより、生きがいの再獲得をはかり、自発的な生活が送れるよう促します。

言語聴覚療法

 

 言語療法は、言いたい言葉が思い出せないなどの「失語症」の方や呂律がまわらないなどの「構音障害」の方、 食事をするとむせてしまってうまく食べられないなどの「摂食・嚥下障害」の方を対象に、その機能の維持向上を図るため、言語訓練や摂食・嚥下訓練などを行う療法です。
 発音の練習や、声の出し方の練習、また失語症の言語能力の回復訓練、代償方法の検討、嚥下の練習やご利用者に合わせた食形態の提案など行っています。

音楽療法

 

 音楽療法とは、「音楽の持つ生理的・心理的・社会的働きを、心身の障害の回復、機能の維持改善、生活の質の向上に向けて、意図的、計画的に活用して行われる治療的、教育的技法」です。
 音楽を聴いて楽しくなったり、安らいだ気持ちになる等のリラクゼーション効果や、懐かしい曲を聞くことで過去の忘れていた記憶がよみがえらせるといった音楽の特性を生かし、ご利用者の健康の増強や認知症の改善、心身の機能回復・改善、意欲の向上を図り、QOL(人生の質)の向上を目指します。

学習療法

 

 学習療法とは、「音読と計算を中心とする教材を用いた学習を、学習者と学習を支援する方がコミュニケーションをとりながら行うことにより、学習者の認知機能やコミュニケーション機能、身辺自立機能などの前頭前野機能の維持・改善をはかる」ものです。
 音読や計算により大脳の前頭前野を活性化させることで、その機能を回復させ、認知症を予防・改善する効果が期待されています。

3B体操

 

 名前の由来は、頭文字が「B」の3種類の補助具(Ball=ボール、Bell=ベル、Belter=輪をつないでベルト状にしたもの)を利用することから名付けられました。
 子供から高齢者や障害のある方まで、幅広い世代の方々に楽しんでいただける体操で、音楽にあわせて楽しくリズミカルに身体を動かし、3つの手具を使うことで、より効果的に運動を行うことができます。

動物介在療法

 

 動物とのふれあい、交流によって精神と肉体機能を向上させる療法の一種で、ボランティア団体の方に動物を施設まで連れて来ていただき、ご利用者とコミニケーションを図ってもらいヒーリング効果を導く活動をいいます。
 長期療養患者や施設入所者が、訪問した動物を話題に会話がはずみ、無口な方でも動物への声かけで発語が増え、動物を撫でたり、抱き上げたり、動物をかまおうとする意欲から、日常の運動や動作が多くなる効果が期待されています。