ホーム 南河内診療所 介護老人保健施設 通所リハビリ 介護支援室 医師の紹介 職員募集ご案内
お達者倶楽部トップ
施設概要、職員配置
提供サービス
医療サービス
退所支援サービス
リハビリテーション
利用手続きのご案内
入所サービス利用料

 

医療サービスの内容

併発症の診療

 

 感冒など、入院するほどではなく、施設内で治療・観察しても良いと判断される病気や病状であれば、必要な検査を行い、可能な治療を実施します。また、治療により容態が改善しない場合や、老健施設での治療が困難な病状・病態であることが判明した場合には、入院が必要な理由をご家族に説明し、ご承認を得た上で転院手続きを行います。その際、必要な診療情報を転院先に提供します。

入所時の検査

 

 入所時の状態を記録し、入所後の健康管理・経過観察に必要な検査(血液・尿検査、心電図、血液酸素飽和度測定など)を入所時に実施します(施設で費用負担)。入所中に併発症の発見や経過観察に必要な追加検査を行います(医療保険適応、一部施設負担)。

病状・検査結果のご説明

 

 重大な病状変化などにより診療方針の変更が必要な場合は、予め日時をご連絡した上で診療担当医が容態や検査結果についてご説明する機会を設けます。
 また、診療方針に大きな影響を与えない検査結果(正常、変化なし、あるいは軽微な異常所見)についても、利用者・ご家族のご希望により医師ないし看護師がご報告いたします。

肺炎予防接種

 

 高齢者にとって肺炎はいまだに怖い病気で、急速に症状が進んだ場合には抗生物質などによる治療が間に合わず、生命の危険を伴う病気です。当施設では、入所中の肺炎罹患を予防するため、希望者に肺炎球菌ワクチンの接種を実施しています。

併設診療所で実施できる検査

 

 

一般X線撮影・造影検査、X線CT検査、消化管内視鏡検査、超音波検査、特殊心電図検査ほか